ブランド買取とフリマアプリとの違いは?

フリマアプリは商品の値段を自分で決める必要がある

ブランド品のバッグや時計を処分したいという場合、ブランド買取サービスに送る、もしくはフリマアプリで販売することを考える人が多いでしょう。では、この二つの違いはなんなのでしょうか。まず、フリマアプリの場合ですが、ブランド品の値付けは基本的に出品者が自分で行う必要があります。そのため、中古市場価格で三万円程度の時計を十万円で出品するというような、市場価値と見合わない価格設定を行うとユーザーからスルーされてしまい、いつまで経っても処分できないというケースも起こりえます。

ただ、フリマアプリサービスを行っている会社の取り分が低いので、値付けをうまく行えばブランド買取サービスに送るよりも高い値段で処分できる可能性があります。

査定金額に納得できればすぐに商品を売却できるブランド買取

ブランド買取サービスの場合ですが、いくらで買い取るかを決めるのはサービス側なので、折り合えれば確実にお金に換えることができます。フリマアプリに出品する場合のように、いつ売れて、お金が入るのかわからないということにはならず、すぐにお金が入ってくるというのは大きなメリットといえるでしょう。もし、サービス側の査定金額が安すぎると思えば、売らないという判断を下すことも可能です。その場合、なんらかの違約金を取られるということはありません。

処分して得られるお金は、フリマアプリで売った場合と比べて少なくなる可能性があります。ただ、査定金額にプラスして何割増しで買い取るといったキャンペーンが行われることもあるので、そういったものを利用すれば金額差は少なくなるでしょう。